「Discovering Sounds Light」​

利用規約

 (目的及び適用範囲)

第1条 この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社アイルビーザワン(以下「当社」といいます。)が提供する英語発音学習サービス「Discovering Sounds Light」(以下「本サービス」といいます。)の提供及び利用に係る定型取引について当社と利用者との間において締結する役務提供契約(以下「本契約」といいます。)に関し必要な事項(本契約の締結のための手続に関し必要な事項を含みます。)を定めることを目的とします。

2 本規約の規定は、当社と本契約を締結し、又は締結しようとする全ての自然人及び法人(以下これらを総称して「利用者」といいます。)に適用します。

3 利用者は、本規約を本契約の内容とすることについて同意するものとします。

 

 (利用条件)

第2条 本サービスを利用するためには、ヘイ株式会社の提供するオンライン予約サービス「STORES予約」(以下単に「STORES予約」といいます。)及びZoom Video Communications, Inc.(以下「Zoom社」といいます。)の提供するオンラインミーティングサービス「Zoomミーティング」(以下単に「Zoomミーティング」といいます。)の利用が必要となります。

2 利用者は、本サービスを利用するに当たり、あらかじめ、次の各号に掲げる事項について承諾するものとします。この場合において、利用者が本サービスの利用を開始したときは、当該利用者による承諾があったものとみなします。

(1)ヘイ株式会社所定の手続により、STORES予約を利用するために必要なアカウント(以下「STORES予約アカウント」といいます。)を作成すること(現に有効なSTORESアカウントを保有している場合を除きます。)。

(2)Zoom社所定の手続により、Zoomミーティングを利用するために必要なアカウント(以下「Zoomアカウント」といいます。)を作成すること(現に有効なZoomアカウントを保有している場合を除きます。)。

(3)本規約の内容を十分に理解し、本規約に規定する全ての事項について承諾をした上で、本サービスを利用するものであること。

(4)自らが次条各号のいずれにも該当しないこと。

(5)本サービスを提供する講師のうちには、当社と雇用関係にある従業員(パートタイム従業員及びアルバイト従業員を含みます。)のほか、当社がその業務を委託する者が含まれる場合があること。

(6)顧客対応の品質向上等を目的として、当社は、利用者からの問い合わせの内容を録音し、録画し、又はこれら以外の方法により記録し、保存する場合があること。

(7)本サービスの品質向上等を目的として、当社は、レッスン(第4条に規定するレッスンをいいます。)を録音し、録画し、撮影し、又はこれら以外の方法により記録し、又は保存することができること。

 

 (利用資格)

第3条 次の各号のいずれかに該当する方は、本サービスを利用することができません。

(1)18歳未満の方

(2)成年被後見人

(3)破産者で復権を得ない方

(4)暴力団、暴力団関係企業、総会屋又はこれらに準ずる者の構成員

(5)過去に利用者であった方で、本規約に違反したことにより本契約を解除された方

(6)前各号に掲げる方のほか、ヘイ株式会社の定めるSTORES予約の利用資格又はZoom社の定めるZoomミーティングの利用資格を有しない方

 

 (レッスン)

第4条 本サービスは、Zoomミーティングを利用する方法により、リアルタイムのオンライン英語発音レッスン(以下単に「レッスン」といいます。)を行うものです。

2 レッスンは、チケット制とし、1回のレッスンの受講につき、レッスンチケット(体験レッスンチケット及び回数券を含みます。以下同じです。)を1枚消費するものとします。

3 利用者は、レッスンを受講しようとするときは、あらかじめ、当社の指定する開講日及び開講時間枠のうちから希望する開講日及び開講時間枠を選択して、レッスンの予約を行うものとします。この場合において、レッスンの予約は、各開講時間枠の48時間前までに行わなければならないものとします。

4 1回のレッスンは、25分の開講時間枠の中で行われ、原則として、1レッスンにつき20分以上レッスンを行った時点で1回のレッスンが成立するものとします。ただし、一旦有効に開始されたレッスンが利用者の都合その他の当社の責に帰さない事由により中断若しくは中止された場合には、レッスンの開始から中断若しくは中止までの時間にかかわらず、1回のレッスンが成立したものとみなします。

5 会員は、レッスンの予約をキャンセルしようとするときは、当該予約したレッスンの開始時刻の48時間前までに、レッスンのキャンセルを行わなければなりません。

6 当社の講師は、利用者の都合その他の当社の責に帰さない事由によりレッスンの開始が遅れた場合には、当該レッスンの開始時刻から15分を経過するまでの間当該レッスンに係るZoomミーティングにおいて待機するものとします。この場合において、利用者が当該Zoomミーティングに入室することなく15分を経過したときは、当該レッスンは利用者によりキャンセルされたものとみなします。

7 当社は、当社の責に帰すべき事由により、予約されたレッスンを実施することができなくなった場合には、当該レッスンを予約していた利用者に対し、当該レッスン分のレッスンチケットを返還するものとします。

8 当社は、レッスンの開始後、当社の責に帰すべき事由によりレッスンを継続することが困難又は不能となった場合には、当該レッスンを受講していた利用者に対し、当該レッスン分のレッスンチケットを返還するものとします。

9 利用者が予約したレッスンの開始時刻の48時間前までにレッスンの予約のキャンセルを行うことなくレッスンを欠席した場合又は第6項後段の規定によりレッスンをキャンセルしたものとみなされた場合には、レッスンチケットの返還は行わないものとします。

10 第3項に規定するレッスンの予約及び第5項に規定するレッスンの予約のキャンセルは、STORES予約上において所定のキャンセル手続を行う方法により、行うものとします。

 

 (契約の成立の時期)

第5条 本契約は、利用者が次条の規定によりレッスンチケットを購入し、当社がSTORES予約のシステム上において利用者にレッスンチケットを付与した時に、成立するものとします。

 

 (レッスンチケットの購入方法)

第6条 レッスンチケットの購入プラン(以下単に「購入プラン」といいます。)は、次の表の左欄に掲げるとおりとし、利用者は、その選択する同欄に掲げるレッスンチケット購入プランの区分に応じ、それぞれ同表の中欄に掲げる数量のレッスンチケットを購入することができます。この場合において、利用者は、レッスンチケットを購入するに当たり、その選択した同表の左欄に掲げるレッスンチケット購入プランの区分に応じ、それぞれ同表の右欄に掲げる額(消費税額を含みます。以下「支払代金」といいます。)を当社に支払うものとします。

チケットについて.png

2 前項の規定によるレッスンチケットの購入及びレッスンチケット代金の決済の手続は、STORES予約上において所定のレッスンチケット購入手続を行う方法により行うものとします。

 

 (レッスンチケットの払戻し)

第7条 利用者は、STORES予約の規約等で定める条件により、購入したチケットについて払戻しを受けることができます。

 

(個人情報の取得、利用及び取扱い)

第8条 当社は、STORES予約のシステムから、レッスンチケットを購入した利用者に係る次の個人情報を取得します。

 ⑴ ID

 ⑵ 氏名

 ⑶ 住所(郵便番号を含みます。)

 ⑷ メールアドレス

 ⑸ 電話番号

 ⑹ 生年月日

 ⑺ 性別

2 当社は、取得した個人情報について、当社が別に定めるプライバシーポリシーに則り、適切に取り扱うものとします。

 

 (必要利用環境)

第9条 会員は、本サービスの利用に当たり、「Zoomミーティング」及び「STORES予約」、の利用に関しZoom社又はヘイ株式会社の定める利用環境の要件に適合する電子計算機(電子計算機を構成する中央演算処理装置(CPU)、メモリ及びハードディスクドライブ(HDD)若しくはソリッドステートドライブ(SSD)その他の記憶装置、モニター若しくはディスプレイその他の映像出力装置並びにキーボード及びマウスその他の入力装置を含みます。)、ウェブカメラその他の映像機器、マイクロフォン、イヤフォン、ヘッドフォン及びヘッドセットその他の音声機器、オペレーティングシステム(OS)及びウェブブラウザその他のソフトウェア若しくはアプリケーション並びにインターネット回線その他の電気通信回線その他のその利用環境に応じ必要な設備及び環境(以下「必要利用環境」といいます。)を、自らの負担において準備(必要なソフトウェア及びアプリケーションをインストールすることを含みます。)するものとします。

2 会員は、コンピューターウィルス等への感染の防止、不正アクセスの防止及び情報漏洩の防止その他のその利用環境に応じ必要なセキュリティ対策を自らの負担において講ずるものとします。

3 会員の利用環境の不備(会員が必要利用環境を備えてない場合を含みます。)若しくは不具合又はセキュリティ対策の不備その他の当社の責に帰さない事由により、本サービスの利用に支障を生じた場合であっても、当社は、一切の責任を負担しないものとします。

 

 (本サービスの停止及び終了)

第10条 当社は、次の各号のいずれかに該当するときは、当社は、会員に事前の通知をすることにより、本サービスの全部又は一部を停止することができるものとします。ただし、緊急の必要がある場合その他やむを得ない事由がある場合には、当社は、会員に対する事前の通知を要せずして、本サービスの全部又は一部を停止することができるものとします。

(1)本サービスを提供するために必要な電子計算機又は電気通信設備その他の機器又は設備、ソフトウェア若しくは電気通信回線に現に障害が生じ、若しくはそのおそれがあり、又はこれらの保守点検を行うために本サービスの全部又は一部を停止する必要があるとき。

(2)火災、停電又は電気通信事業者その他の当社が本サービスを提供するために利用するサービスの提供事業者による当該サービスの提供の停止その他当社の責に帰さない事由により本サービスの提供が不能又は困難となったとき

(3)火災、停電、天災地変等の非常事態により本サービスの提供が不能又は困難になったとき

(4)戦争、内乱若しくは暴動又は天災地変その他の不可抗力により、本サービスの提供が不能又は困難となったとき

(5)法令の規定に基づく措置により、本サービスの提供が不能又は困難となったとき

(6)前各号に掲げるもののほか、当社の責めに帰さない事由であって、やむを得ないものにより本サービスの提供が不能又は困難となったとき

2 当社は、会員に対し、1か月以上の期間を定めてあらかじめ通知することにより、本サービスの全部又は一部の提供を停止し、又は終了することができるものとします。

3 当社は、前2項の規定による本サービスの全部又は一部の停止又は終了により会員に損害を生じた場合であっても、その損害について何らの責任も負わないものとします。

 

 (契約の終了)

第11条 本契約は、レッスンの受講による消費又はレッスンチケットの有効期間の満了その他の事由により利用者の保有する全てのレッスンチケットがその効力を失ったときは、当然に、終了するものとします。

 

 (クーリングオフ)

第12条 利用者は、当社が本サービスの提供を開始した日から起算して8日を経過する日までは、いつでも、当社に対し契約のお申込みを撤回する旨の書面による申入れをすることにより、契約の申込みの撤回をすることができます。

 

 (利用者による解約)

第13条 レッスンチケットの有効期間内であっても、利用者がSTORES予約のアカウントを削除した場合には、本契約は、利用者により解約されたものとみなします。

 

 (当社による解約)

第14条 当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当する場合には、何らの通知又は催告を要せずして、本契約を解約することができるものとします。

(1)死亡したとき。

(2)破産手続の開始があったとき。

(3)後見開始の審判があったとき。

(4)本規約の規定による債務を履行せず、当社が、当該会員に対し、相当の期間を定めてその履行を催告したにもかかわらず、当該相当の期間内にこれを履行しなかったとき。

(5)次条の規定に違反する行為があったとき。

(6)第16条に違反する事実が明らかとなり、又は違反する事実があると認めるに足りる相当の事由があるとき。

(7)会員に当社が不適当と認める行為があった場合において、当社が、当該会員に対し、当該行為の中止を求めたにもかかわらず、当該会員がこれに応じなかったとき。

2 前項の規定により当社が本契約を解約した場合において、当該解約により利用者に損害を生じた場合であっても、当社は、いかなる責任も負担しないものとします。

 

 (禁止行為)

第15条 会員は、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。

(1)当社の業務に支障を生じさせる行為

(2)本サービス利用して行う営利を目的とする行為

(3)レッスンチケットを不正に利用する行為

(4)有償又は無償の別にかかわらず、本サービスの内容(本サービスの内容の複製物を含みます。)を第三者に提供し、又は第三者の閲覧に供する行為(公衆送信する行為を含みます。)

(5)当社又は第三者の著作権若しくは商標権その他の知的財産権又はプライバシー権その他の権利を侵害し、又はそのおそれのある行為

(6)講師に対し、又は講師との間において行う次の行為

  ア レッスンの進行を妨げる行為

  イ 嫌がらせ又はハラスメントに該当し、又はそのおそれのある行為

  ウ 引き抜き行為又は勧誘行為

  エ 金銭又は換金性を有する物品をやりとりする行為

  オ 本サービスの利用の範囲を超えて個人的に接触しようとする行為

(7)法令の規定又は公共の秩序若しくは善良の風俗に反し、又はそのおそれのある行為

(8)当社又は第三者を誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為

(9)第三者になりすまして本サービスを利用する行為

(10)第三者に対し、前各号に掲げる行為を教唆し、又はこれらの行為を助長する行為

 

(反社会的勢力の排除)

第16条 利用者は、当社に対し、会員が、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団その他の反社会的勢力に該当せず、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。

2 会員は、自ら又は第三者をして、当社に対し、次の行為をしないものとします。

(1)脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

(2)風説を流布し、又は偽計若しくは威力を用いて当社の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為

(3)前2号に掲げるもののほか、これらに準ずる行為

 

 (規約の変更)

第17条 当社は、次に掲げる場合には、本規約の変更をすることにより、変更後の本規約の条項について合意があったものとみなし、個別に会員と合意をすることなく利用契約の内容を変更することができるものとします。

(1)本規約の変更が、会員の一般の利益に適合するとき。

(2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

2 当社は、前項の規定による本規約の変更をするときは、その効力発生時期(以下「発効時期」といいます。)を定め、かつ、その発効時期の1か月前までに、本規約を変更する旨及び変更後の本規約の内容並びにその発効時期を当社ウェブサイト上に掲載する方法により周知するものとします。

3 第1項第2号の規定による本規約の変更は、その発効時期の1か月前までに前項の規定による周知(以下「規約変更の周知」といいます。)をしなければ、その効力を生じません。ただし、その発効時期の1か月前以後のいずれかの時期に当社が規約変更の周知をした場合であって、当社が規約変更の周知をした日の翌日から起算して1か月を経過したときは、この限りではありません。

 

 (準拠法)

第18条 本規約の準拠法は、日本法とします。

 

(規定外事項)

第19条 本規約に定めのない事項については商法(明治32年法律第48号)の定めるところにより、商法に定めのないときは商慣習に従い、商慣習がないときは民法(明治29年法律第89号)の定めるところにより、民法に定めのないときはその他の日本国法令の定めるところによるものとします。

 

 (専属的合意管轄)

第20条 本契約に関して生じる一切の裁判上の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

附 則

 

本規約は、令和2年3月1日から施行します。